TOP  >  最新情報  >  お知らせ  >  第2回蔵王・がん薬物療法シンポジウムのご案内

第2回蔵王・がん薬物療法シンポジウムのご案内

第2回蔵王・がん薬物療法シンポジウムのご案内

カテゴリ : 
お知らせ
閲覧 (3347)

 下記の要領にて,第2回蔵王・がん薬物療法シンポジウムを開催します。
  今回のメインテーマを「がんサバイバーシップと薬剤師の役割~がんと診断された人がよりよく生きていくために薬剤師として出来ること~」といたしました。このテーマは,がん医療の永遠の課題と思いますが,短期毒性のみならず,長期毒性などのがん薬物療法のリスク(有害反応)をどのように対応するか?患者さんやご家族の方にどのように伝えて,どのようにサポートするか?患者さんのQOLを保つために症状緩和にどのように行うのがよいのか?を皆さんと一緒に考えてみたいと思っています。
  今回の目玉企画として,「標準的治療が確立していない状態での薬物療法の意義」について,積極的な薬物療法を行うべきか,症状緩和を中心にすべきかというディベートを行います。ディベートで与えられた役割・立場で,その考え方,立証に必要な根拠の調査法や情報の評価過程を開示していただき,自分の立場が優れていることを立証するためにプレゼンテーションしていただきます。そして,シンポジウムに参加した方々と議論したいと考えています。   
このシンポジウムは,参加した皆さんで作り上げ,皆さんがやるべきことを確認し,明日へのモチベーション向上を主な目的としています。多数の方のご参加をお待ちしています。
  参加希望の方は,事務局までご連絡いただければ幸いです。

開催日時:平成25年4月20日(土)午後1時から4月21日(月)正午まで
開催場所:宮城蔵王ロイヤルホテル
 TEL:0224-34-3600
http://www.daiwaresort.co.jp/zaou/

交通アクセス:仙台駅,白石,白石蔵王から定期バス利用(マイクロバスを交渉中)


参加費(1室2名利用宿泊費,食事代込み) :
個人:25,000円(シングル28,000円),企業(または団体):40,000円

発起人(世話人):板井進悟(金沢大学病院),上田宏(伊丹市立病院),片岡智美(名古屋大学病院),国分秀也(北里大学病院),塩川満(聖隷浜松病院),中村美波理(聖路加国際病院),藤田行代志(群馬県立がんセンター),矢野琢也(住友別子病院),矢野良一(福井大学病院)

アドバイザー(敬称略,五十音順):
安藤ひろみ(ウィメンズクリニック金上),飯野京子(国立看護大学校),上野直人(MDアンダーソンがんセンター),片山志郎(日本医科大学病院),蒲生真紀夫(大崎市民病院),齋藤雄一(南桜ホームケアクリニック),中村清吾(昭和大学),平賀一陽,福井次矢(聖路加国際病院),政田幹夫(福井大学病院)

事務局:爽秋会クリニカルサイエンス研究所 瀬戸山 修
〒989-1272 宮城県柴田郡大河原町字南桜7-8 
電話0224-86-3782(携帯電話:090-9752-3998)
E-mail:setoyama@nifty.com, URL: http://clinicalscience.info

プログラム

<第1日目(平成25年4月20日)>
◆基調講演:がんサバイバーシップ・がん薬物療法の目標(13:00~13:15)
  矢野 良一(福井大学)

◆セッション1 がん薬物療法の毒性とその対応(13:15~16:30)
(司会)板井 進悟(金沢大学病院)
1. 嘔気・嘔吐:辻 大樹(静岡県立大学薬学部)
2. 末梢神経障害:佐野 元彦(埼玉医科大学病院)
3. 二次発癌:片岡 智美(名古屋大学病院)

-休憩(14:35~14:50)-

(司会)矢野 琢也(住友別子病院)
4. 挙児希望への対応-1:板井 進悟(金沢大学病院)
5. 挙児希望への対応-2:中村 美波理(聖路加国際病院)

総合討論 (司会):矢野 良一(福井大学),矢野 琢也(住友別子病院)

-休憩(16:30~16:45)-

◆セッション2:ディベート(16:45~18:15)
テーマ:標準的治療が確立していない状態での薬物療法の意義
「標準的1-2次療法が奏効しなくなったPS0-1の非小細胞肺がん患者に対して,積極的な薬物療法を行うか,症状緩和を主体とする治療/ケアを行うか」
司会進行:中村 美波理(聖路加国際病院),片岡 智美(名古屋大学病院)
討論担当:矢野 良一(福井大学病院),矢野 琢也(住友別子病院)

-夕食(立食パーティ,懇親会)(18:15~20:00)-  

●セッション3:グループディスカッション:テーマ未定(20:00~)
各グループより5分間ずつ発表(PCのPPTを利用)

<第2日目(平成2425年4月21日)>
◆セッション4:がん疼痛薬物療法(8:30~9:30)
(司会)塩川 満(聖隷浜松病院)
  オピオイドの臨床薬理:国分 秀也(北里大学病院)

◆セッション5:グループディスカッション発表(9:30~11:20)
(司会)藤田行代志(群馬県立がんセンター),瀬戸山 修

◆セッション6:総合討論:この1年半を振り返って-自分の足跡とシンポジウムのまとめ(~12:00)
(司会)瀬戸山 修

午後:大河原にバスで移動後,一目千本桜の観桜

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失