TOP  >  最新情報  >  お知らせ  >  がん薬物療法の副作用対策に関する解説書を執筆

がん薬物療法の副作用対策に関する解説書を執筆

がん薬物療法の副作用対策に関する解説書を執筆

カテゴリ : 
お知らせ
閲覧 (3538)

 看護師向けの雑誌や書物を発行している方から,がん薬物療法の副作用対策に関する解説書の執筆を依頼されました。
 がん薬物療法の副作用対策は,患者さんのQOLを維持・向上するために必要なことと思いますが,がん薬物療法の薬理作用を理解しなければ,薬物療法の効果を減弱することもあることが問題になっています。
 患者さんに質の高いがん薬物療法を提供するためには,確立された治療法を適切に行い,その上で,副作用対策を行うことが重要と考えており,そのためには,医師,看護師,薬剤師などによるチームアプローチが必須と考えています。 
 また,患者さんのQOLを維持するためには,薬物療法だけではなく,運動や食事も非常に重要になります。
 
 このような観点から本書のタイトルを, 「QOL重視のがん薬物療法~薬理作用を考慮した副作用対策~」とし,がん薬物療法の作用機序,薬物動態などの薬理作用を考慮した副作用対策について,最新の情報を交え,解説することに致しました。
 さらに,運動,食事の重要性,チームアプローチなどの重要性をお伝えして,患者さんのQOLを重要視した,がん薬物療法のあり方について述べることにします。
 看護師の方々だけではなく,薬剤師の方々や医師の方々にも参考になると思っています。

 本書の目次は下記のURLをご覧下さい(予約注文もあります)。
http://www.nurse-tools.com/

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失