TOP  >  がん総合情報  >  がんの薬物療法  >  英国NICEは,腎細胞がん治療薬の1次療法としてスーテントを推奨

がん総合情報

英国NICEは,腎細胞がん治療薬の1次療法としてスーテントを推奨

カテゴリ : 
がんの薬物療法
閲覧 (5326)

 進行腎細胞がんに対して,マルチキナーゼ阻害薬として知られるソラフェニブ(商品名ネクサバール),スニチニブ(商品名スーテント),mTOR阻害薬であるテムシロリムス(商品名トリセル)や血管内皮増殖因子(VEGF)抗体であるベバシズマブ(商品名アバスチン)などが有効であると報告されていますが,2008年8月,英国NICE(The National Institute of Health and Clinical Excellence)は,ソラフェニブ,スニチニブ,テムシロリムス,ベバシズマブは,進行腎細胞がんに対して,僅かな期間(数カ月)の生存期間の延長効果しか認めないにも関わらず,非常に高価であり,費用対効果は良くないということで,その4つの医薬品の腎細胞がんの使用を推奨しないと発表していましたが,2月4日,これらの薬剤について推奨がまとめられたと発表しています。


http://www.nice.org.uk/

<推奨>
1. スニチニブ
http://www.nice.org.uk/guidance/index.jsp?action=folder&o=43176
・スニチニブは,免疫療法の適応となる,ECOG PS 0-1の進行または転移性腎細胞がん患者の1次療法として推奨される。
・ECOGのPSを用いる際には,臨床医は,障害のある患者に対する治療を適切に評価する必要があることを心にとめるべきである。臨床医は,障害のある患者は,腎細胞がんの予後に関連しない日常生活活動が難しい可能性があることを念頭に入れるべきである。このような例の場合には,このような状況を十分に注意して,適切なPSの判断をすべきである。
・上記基準に合致しない進行または転移性腎細胞がん治療としてスニチニブの投与を受けている患者は,患者や医師が治療を中止することが適切と考えるまで,治療を継続する選択肢がある。

2. ベバシズマブ,ソラフェニブ,テムシロリムス
http://www.nice.org.uk/guidance/index.jsp?action=article&o=43177
・ベバシズマブ,ソラフェニブ,テムシロリムスは,進行または転移性腎細胞がん患者の1次療法の選択肢としては推奨しない。
・ソラフェニブやスニチニブは,進行または転移性腎細胞がん患者の2次療法の選択肢としては推奨しない。
・進行または転移性腎細胞がんの2次療法としてベバシズマブ,ソラフェニブ,テムシロリムススニチニブの投与を受けている患者は,患者や医師が治療を中止することが適切と考えるまで,治療を継続する選択肢がある。

 NICEでは3月2日まで,これらの推奨に対する意見を受け付け,それらがまとまった時点で推奨になるようです。

<関連情報>
英国では,腎臓がんに対する4つの分子標的治療薬が使用できないかもしれません
http://clinicalscience.info/modules/canser_info_blog/details.php?bid=214
アバスチンの進行腎細胞がんの第III相試験結果
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1305
欧州でアバスチンが進行腎細胞がんの第一選択治療薬として承認されました
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1302
欧州でも,トリセルが承認されました
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1272
転移性腎細胞がんの第一治療薬としてのネクサバールの評価
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=185
ネクサバールは腎細胞がん患者の症状を緩和する
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=159
腎細胞がんに対する分子標的治療薬
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=60
血圧上昇を効果予測因子とするのは,適切ではないかもしれません
http://clinicalscience.info/modules/canser_info_blog/details.php?bid=187
スーテントによる心不全の頻度は,予想以上に高い?
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1354
ソラフェニブの進行腎細胞がんに対する第III相試験結果
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1154
スーテントにも心毒性のリスクが・・・・・
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1299
アバスチン投与後に増悪した進行腎細胞がんに対するスーテントの効果
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1497
mTOR阻害薬エベロリムスの転移性腎細胞がんに対する第III相試験結果
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1485
血管新生阻害薬による高血圧への対応
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=170
スニチニブによる甲状腺機能低下症
http://clinicalscience.info/modules/cancer_research/details.php?bid=1134

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失