がん総合情報

アーカイブを検索する

アーカイブ一覧

カテゴリ 掲載日 タイトル エントリ本文 執筆
がん医療総論 2011/11/19 米国ではアバスチンの乳がんの適応が取り消されます  米国FDAの腫瘍薬諮問委員会(Oncologic Drugs A... owner
がん医療総論 2011/06/16 ASCO2011:肝細胞がんにはスーテントよりネクサバールが効果的か!? [更新日:2011年6月16日]  VEGFRキナーゼな... owner
がん医療総論 2011/06/13 ASCO2011:PARP阻害薬イニパリブはトリプルネガティブ転移性乳がんの予後を改善するか? [更新日:2011年6月13日]  エストロゲン受... owner
がんの薬物療法 2011/06/10 ASCO2011情報:エルプラットとティーエスワン併用療法は,XELOX療法と同等またはそれ以上の効果があるかも! [更新日:2011年6月10日]  進行大腸がんに... owner
がん医療総論 2011/02/09 進行卵巣がんの2次療法として,アバスチンと化学療法の併用効果が証明されたらしいが・・ [更新日:2010年2月9日]  Genentech社は,... owner
がん医療総論 2011/02/02 イレッサと同様に活性型EGFR遺伝子がある非小細胞肺がんに対してタルセバは効果的! [更新日:2011年2月2日]  EGFRチロシンキ... owner
がん医療総論 2011/01/28 PARP-1阻害薬Iniparib (BSI-201)はトリプルネガティブ転移性乳がん患者の予後を改善しない?  エストロゲン受容体,プロゲステロン受... owner
がん医療総論 2010/12/17 米国FDAはアバスチンの乳がんの適応を削除する方針 [更新日:2010年12月18日]  米国FDAの腫... owner
がん医療総論 2010/12/15 2010年米国FDA抗がん剤承認状況から  米国FDAのホームページに,2010年にFDAか... owner
がん医療総論 2010/10/15 ESMO2010:活性EGFR遺伝子変異がある非小細胞肺がんの1次療法としてタルセバが有効!  EGFRチロシンキナーゼ阻害薬であるゲフ... owner
がん医療総論 2010/08/12 ベクチビックスは頭頚部がんの1次療法として化学療法との併用効果は認められない?!  キメラ化抗EGFR抗体であるセツキシマブ... owner
がん医療総論 2010/08/04 フェンタニル口腔吸収製剤(商品名アクレフ)が10月に承認されそうです  厚生労働省の薬食審・医薬品第一部会は... owner
がん医療総論 2010/08/02 経口ドラマドール製剤(商品名トラマール)が承認されました  トラマドールは,オピオイド受容体作動... owner
がん医療総論 2010/07/24 アブラキサンが乳がん治療薬として承認されました  日本では,大鵬薬品工業株式会社が開発... owner
がん医療総論 2010/07/24 FDAは,アバスチンの乳がんの適応を取り消すかも  Genentech社は,7月20日,米国FDAの腫瘍薬諮... owner
がん医療総論 2010/07/11 ASCO2010:新規微小管作用薬エリブリンは,標準治療に奏効しなくなった乳がんに効果がある?!  海洋生物であるクロイソカイメンから単... owner
がん医療総論 2010/07/07 英国NICEの評価は,厳しいのか?,これが適切なのか?  英国では,NICE(National Institute for Health and ... owner
がん医療総論 2010/07/01 糖尿病(治療)とがん  糖(グルコース),インスリンやインス... owner
がん医療総論 2010/06/25 ASCO2010:進行非小細胞肺がんの1次療法としてタルセバ,増悪後に化学療法を投与する例の全生存期間は不良  EGFR遺伝子変異のある進行非小細胞肺が... owner
がん医療総論 2010/06/23 ASCO2010:進行卵巣がんの1次療法として標準化学療法にアバスチンの同時併用,維持投与は効果的!?  今年(2010年),米国シカゴで開催された米... owner
がん医療総論 2010/06/21 ASCO2010:結腸がんの術後補助療法として,アービタックスの併用は意義はない?  III期結腸がんの術後補助化学療法... owner
がん医療総論 2010/06/17 ASCO2010:ティーエスワンとカルボプラチンの併用は進行非小細胞肺がん患者に対する標準治療となるか  進行非小細胞肺がんの1次療法として,... owner
がん医療総論 2010/06/16 ASCO2010:タルセバによるざ瘡様皮膚炎の予防としてドキシサイクリンは有効か?  EGFR阻害薬は,ざ瘡様皮疹などの有害反... owner
がん医療総論 2010/06/13 ASCO2010:やはりタルセバも効果発現にはEGFR遺伝子変異が必要か?  ゲフィチニブ(商品名イレッサ)は,EGF... owner
がん医療総論 2010/06/11 ASCO2010:標準治療に加えて早期からの緩和ケアを提供することにより,患者QOLが改善し,生存期間が延長する  米国シカゴで開催されていた第46回米国... owner
がんの薬物療法 2010/02/03 海外でのタイケルブとハーセプチンの適応拡大情報  米国でラパチニブ(商品名タイケルブ)... owner
緩和ケア 2009/08/14 ナルトレキソン合剤のモルヒネ徐放製剤が米国で承認されました  King Pharmaceuticals社は,2009年8月13日,持... owner
がんの薬物療法 2009/07/24 HER-2陰性乳がんに対して,ネクサバールとゼローダの併用は効果があるか?  Bayer HealthCare Pharmaceuticals社とOnyx Pharmaceuti... owner
がんの薬物療法 2009/07/21 米国では,「EGFR抗体の使用はKRAS遺伝子変異があれば勧められない」と添付文書に記載  上皮増殖因子受容体(EGFR)抗体であるセ... owner
がん医療総論 2009/07/15 WHOが新型インフルエンザの治療にあたる際のチェックリストを公開しています  新型インフルエンザA(H1N1)が流行し,世... owner

アーカイブのフッタナビゲーション部

  • 270件のエントリがあります

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失