TOP  >  がん情報サポート  >  最新エントリー

がん情報サポート

 (財)日本医療機能評価機構・医療情報サービスセンターでは,各学会で作成された各種疾患の診療ガイドラインをWeb上に公開する事業を行っていますが,9月30日に,画面デザインをリニューアルしています。
  また,新コンテンツとしてMindsPLUS一般向けに『疾患解説』を公開ししています。 「疾患解説」は、病気について、一般の方向けに,どんな病気なのか、どんな人がかかりやすいのか、病気に関係する臓器のしくみやはたらき、症状や検査の方法、治療の種類、日常生活上の留意点などをわかりやすい言葉と図を用いて解説しています。
がんに関しては,一般向けの情報が胃がん,肝がん,大腸がんなどに限られていますが,順次作成されるようですので,一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

...続きを読む

 乳がんのホルモン療法の副作用として,ほてり(hot flash)があります。この副作用は,がんの増殖因子として働くエストロゲンの作用を抑制したために起こるもので,抗エストロゲン剤として知られるタモキシフェンは,ほてりが出現した例により効果的であることが報告されています。

...続きを読む

 上皮増殖因子受容体(EGFR)のキメラ抗体であるセツキシマブ(商品名アービタックス)は,本日メルクセローノ(株)より発売され,ブリストル・マイヤーズ(株)は,医療機関に対する情報提供活動を本格的に開始すると発表しました。

...続きを読む

 MDアンダーソンがんセンターの上野先生が主宰するチームオンコロジー.Comにコラムを連載させていただいていますが,本日,第7回目の連載コラムがアップされました。

...続きを読む

 先週末,7月26日(土)と7月27日(日)と福島と京都で講演してきました。

...続きを読む

 MDアンダーソン・がんセンターの上野直人先生が主宰する「チームオンコロジー.Com」に患者さん向けに連載コラムを執筆していますが,第6回目のコラム「検査値は記録して、変化を確認しましょう!」がアップされました。

 

...続きを読む

 日本ホスピス緩和ケア協会年次大会が,一緒に活動している岡部医院が大会事務局のもとで,仙台国際センターで7月19-20日に開催されました。

...続きを読む

 日本ホスピス緩和ケア協会が,NPO法人となり第1回目の全国大会が仙台国際センターで7月19-20日に開催されます。

...続きを読む

日本緩和医療学会に参加して

カテゴリ : 
緩和ケア
閲覧 (3252)
 先週(7月4日〜7月5日)に静岡で開催されました日本緩和医療学会に参加してきました。

...続きを読む

 ある出版関係者の方から,小生ががんの患者さんと交流を続けながら綴った「がん医療相談」というブログを出版してみないかとお声をかけていただき,書き下ろしという形でまとめなおしたものを患者・一般向けに「患者中心のがん医療ガイド〜抗がん剤の効果と副作用を知ることからはじめよう」というタイトルの書物が日本評論社から7月14日に上梓いたしました。

...続きを読む

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失