がん情報サポート

寒い時期になりました。北国では,雪が積もり始めています。 全国各地でインフルエンザが流行し始めています。
 がんの療養生活では,インフルエンザや風邪が大敵となりますので,風邪,インフルエンザ対策が必要となりますので,その対策について簡単に説明したいと思います

...続きを読む

米国で開催された米国がん研究学会(AACR)のがん予防研究に関する年次総会(Annual International Conference on Frontiers in Cancer Prevention Research)で,ブロッコリーは,喫煙者の肺がんのリスクを低下させる可能性があるとの研究成績が報告されたことが,AACRのプレスリリースに掲載されていました。

...続きを読む

このサイトでも,拙書でも,がんの療養生活では,適切な運動と栄養が必要であることを強調させていただいています。最近,米国で開催された米国がん研究学会(AACR)のがん予防研究に関する年次総会(Annual International Conference on Frontiers in Cancer Prevention Research)で,がんの予防には,運動に加えて,適切な睡眠が必要であるとの研究が報告されたことが,AACRのプレスリリースに掲載されていました。

...続きを読む

 歩くことや運動は,がんのリスクを低下させることが,がんの専門誌に報告されています。

...続きを読む

 コーヒーを飲むと肝細胞がんのリスクが減少するという報告や胃がんのリスクを増加するなどの研究報告がありますが,米国の内科専門誌にコーヒーの摂取量と乳がんのリスクの関連性を調べた研究結果が報告されています。

...続きを読む

 先月18日の日経がんナビに横浜で開催された国際栄養士会議で,適切な方法で評価されたがん予防に役立つ食事・運動について発表に関する記事がありました。

...続きを読む

 ビタミンD不足はがんの発生に関与しているだけでなく,前立腺がんではビタミンD製剤を投与することで治療効果がある可能性も指摘されています。ビタミンD不足はがんの発生に関与しているだけでなく,前立腺がんではビタミンD製剤を投与することで治療効果がある可能性も指摘されています。また,ホルモン受容体陽性閉経後乳がん患者にはアロマターゼ阻害薬が投与されることが多くなっていますが,骨量減少の有害反応があり,骨折リスクが高まることから,アロマターゼ阻害薬による骨量減少の予防の重要性が指摘されています。
 来る5月30日から米国シカゴで開催される米国臨床腫瘍学会(ASCO)で,乳がん患者の血中ビタミンD濃度と予後との関係を調べた研究成績が発表される予定です。抄録に基づいて,この情報をお伝えします。

...続きを読む

 先日,歯科医の方から,お話を聞く機会がありました。

...続きを読む

 世界の医療技術を評価するコクラン共同研究がメタ分析という体系的な評価方法を用いて,がん治療中,治療後のだるさ(倦怠感)の対処方法として,運動が改善効果があることを証明しました。

...続きを読む

 知人が非ホジキンリンパ腫と診断されそうですので,非ホジキンリンパ腫関連の情報をお伝えしたいと思います。

...続きを読む