がん情報サポート

 進行性腎細胞がん治療薬としてソラフェニブ(商品名ネクサバール)が今年1月承認され,先月薬価が決まっています。

...続きを読む

 国立保健医療科学院の疫学部では,「高齢者において疾患・病態によらず一般に使用を避けることが望ましい薬剤」のリストを作成し,ホームページに公開しています。

...続きを読む

 Raf,VEGFR-1,VEGFR-2,VEGFR-3,PDGFR-β,KIT,FLT-3,RETなどのマルチキナーゼ阻害剤と知られるソラフェニブ(商品名ネクサバール)は,2008年1月25日,厚生労働省により,「根治切除不能または転移性の腎細胞がん」を適応として,「成人1回400mgを1日2回経口投与」の用法・用量で製造承認されています。

...続きを読む

 平成19年度の日本病院薬剤師会の「がん専門薬剤師認定試験」の合格者は115名であることが発表され,その後の認定作業を終え,先週から認定の連絡が該当者に連絡されていることと思います。

...続きを読む

 ソラフェニブ(商品名ネクサバール)は,血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)や血小板由来増殖因子(PDGFR)のチロシンキナーゼ阻害及びRaf/MEK/ERK経路のRafのセリン/スレオニンキナーゼを阻害することで,抗腫瘍効果を発現することが知られ,転移性腎臓がん治療薬として,日本でも承認されています。

...続きを読む

 先日,医療関係者向け情報(有料)で,ホルモン受容体陽性,HER2陽性乳がん患者は,ホルモン陽性,HER2陰性患者より,脳転移が認められてからの生存期間が良好であることであることをお伝えしました。Annals of Oncology誌のオンライン版に,同様の成績が掲載されています。この論文に関しては,抄録しか読むことができませんので,抄録の内容に沿って,紹介したいと思います。

...続きを読む

 非ホジキンリンパ腫の治療法は,近年,進歩し,抗体医薬のリツキシマブ(商品名リツキサン)が利用可能となってから,更に治療成績は向上していると知られています。

...続きを読む

 先日,FDAが,HER2陰性転移性乳がんの一次治療薬として,ベバシズマブ(商品名アバスチン)を迅速承認したことをお伝えし,また,米国患者保護団体であるBreast Cancer Actionがその承認に対して批判していることをお伝えしました。

...続きを読む

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)のホームページのCancer Newsにロイターの記事として,GlaxoSmithKline社が,ヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)陽性乳がん患者を対象として,自社のラパチニブ(商品名タイケルブ)とトラスツズマブ(商品名ハーゼプチン)の直接比較試験を開始するという記事が掲載されていました。

...続きを読む

スーテント,承認間近

カテゴリ : 
がんの薬物療法
閲覧 (2596)
 薬事日報の記事によりますと,厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品第二部会は2月28日,マルチキナーゼ阻害薬として知られる分子標的治療薬スニチニブ(スーテント)の根治切除不能または転移性腎細胞がんとイマチニブ(商品名グリベック)抵抗性の消化管間質腫瘍(GIST)を審議し,承認を了承したようです。

...続きを読む