がん情報サポート

 多くの情報がある中で,皆さんは,どのような情報を信憑性のある情報と判断していますでしょうか?

...続きを読む

 皆さんは,ある薬が再発リスクを50%低下したと報道されると,すごい良い薬と考えてしまいませんか?

...続きを読む

 株式会社医薬情報センターが癌研有明病院のがん専門医や専門スタッフの監修・協力のもと,患者さんやご家族をサポートするホームページを開設しています。

...続きを読む

 米国の研究で,たばこを吸わない,適度な運動(身体活動度),健康的な食事,肥満がない婦人は,心臓病やがんによる死亡率が低いことが,英国の医学専門誌British Journal of Medicine誌に掲載されています。

...続きを読む

 (財)日本医療機能評価機構・医療情報サービスセンターでは,各学会で作成された各種疾患の診療ガイドラインをWeb上に公開する事業を行っていますが,9月30日に,画面デザインをリニューアルしています。
  また,新コンテンツとしてMindsPLUS一般向けに『疾患解説』を公開ししています。 「疾患解説」は、病気について、一般の方向けに,どんな病気なのか、どんな人がかかりやすいのか、病気に関係する臓器のしくみやはたらき、症状や検査の方法、治療の種類、日常生活上の留意点などをわかりやすい言葉と図を用いて解説しています。
がんに関しては,一般向けの情報が胃がん,肝がん,大腸がんなどに限られていますが,順次作成されるようですので,一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

...続きを読む

 悪性リンパ腫患者・家族連絡会のNPO法人グループネクサスのホームページでは,悪性リンパ腫の治療に関する情報を発信しています。

...続きを読む

 1月9日の読売新聞に「乳がん治療 チーム力がカギ」という記事が紹介されていました。

...続きを読む

 11月16日のMediwire Newsに先日行われた米国放射線腫瘍学会(ASTRO)で,治療前のQOLが高い局所進行非小細胞肺がん患者の方は,QOLが低い患者の方に比べて生存期間が長いという研究成績が発表されたと報じています。

...続きを読む

 今日の朝日新聞に,国公立のがん専門病院などでつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協、30病院)は4日、一部の加盟施設の胃がん,肺がん,乳がん,大腸がんの「5年生存率」を公表したという記事が掲載されていました。

...続きを読む

 米国がん協会(ACS)は,がんと診断されたことがない米国国民957名を対象として,がんのリスクに対する市民の意識を電話調査した結果を,Cancer誌のon-line版に掲載しています。

...続きを読む