TOP  >  がん情報サポート  >  その他の情報  >  「がん対策推進基本計画」が閣議決定

がん情報サポート

「がん対策推進基本計画」が閣議決定

カテゴリ : 
その他の情報
閲覧 (2657)
 6月15日,「がん対策推進基本計画」が閣議決定されたことがマスコミ各社から報道されています。
朝日新聞・記事

 これを基に,各都道府県が来年春までに地域の実情に応じた計画づくりを進めることになりますが,各都道府県で差がないようにして欲しいと願っています。
 
 閣議決定後に,東京大医学部付属病院の放射線治療施設を視察した安倍首相は,「がん対策推進基本計画」にがん治療に携わる全医師の緩和ケア研修を「10年以内」に実施すると盛り込まれたことについて,計画を前倒しして「5年以内」を目標に研修を終えるよう取り組む考えを明らかにしたようです。
 
 緩和ケアに関しては,症状緩和に関する科学性と患者さんを思いやる人間性を兼ね備えていることが大切と思いますので,研修する人も研修を受ける人も大変と思います。
 また,多くの方々が望んでいる緩和ケアは,がんの初期治療の段階からの症状緩和や精神的な苦悩の緩和と思いますので,終末期の症状緩和とは少し状況が違うことも理解しなければならないと思います。意味のある研修を行って,科学性と人間性を兼ね備えた医師が増えると良いですね。 

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失