TOP  >  がん情報サポート  >  がん医療総論  >  患者さんに役立つ資料を国立がんセンターがん対策情報センターが提供しています

がん情報サポート

患者さんに役立つ資料を国立がんセンターがん対策情報センターが提供しています

カテゴリ : 
がん医療総論
閲覧 (4557)

 国立ガンセンター・がん対策情報センターが,患者さんに役立つ資料を作成し,提供しています。すでにご存知の方も多いと思いますが,これらを紹介します。


1. 患者必携(試作版)
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/qa_links/brochure/hikkei.html

 患者さんが,がんと診断されてから,ご自身が納得する治療を受けるまでに非常に参考となる資料として患者必携を作成しています。この資料は,患者さんのご意見を頂きながら改訂して行く計画のようです。試作版が公開されていますが,これだけでも非常に参考になると思います。
 内容は,下記のようになっており,これらは,「市民向けがん情報講演会」で配布するようですが,上記のURLからダウンロードできます。是非,ご一読いただき,よりよいがん医療,がん療養生活を送っていただくことを祈っています。

はじめに
患者必携ガイドマップ
第1部 "がん"と言われたとき 
1.診断の結果を上手に受け止めるには
2.がんと診断されたらまず行うこと)
3.がんと言われたあなたの心に起こること
4.情報を集めましょう
5.相談支援センターにご相談ください

第2部 がんに向き合う
自分らしい向き合い方とあなたを支える仕組み

第1章 自分らしい向き合い方を考える
 自分らしい向き合い方とは
 社会とのつながりを保つ
 治療法を考える
 治療までに準備しておきたいこと
 がんに携わる"医療チーム"を知ろう
 医療者とよい関係をつくるには
 セカンドオピニオンを活用する
 患者同士の支え合いの場を利用しよう
 療養生活を支える仕組みを知る
 限られた時間を自分らしく生きる

第2章 経済的負担と支援について
 治療にかかる費用について
 公的助成・支援の仕組みを活用する
 民間保険に加入しているときには

第3部 がんを知る
第1章 がんのことで知っておくこと
 がんの発生と進行の仕組みを知る
 がんの検査と診断のことを知る
 がんの病期のことを知る
 手術のことを知る
 薬物療法(抗がん剤治療)のことを知る
 放射線治療のことを知る
 臨床試験のことを知る
 緩和ケアについて理解する
 痛みを我慢しない
 がんの再発や転移のことを知る
 補完代替療法を考える
第2章 療養生活のためのヒント
 体調を整えるには
 食事と栄養のヒント
 排泄とトイレのヒント
 休養と睡眠のヒント
 気分転換とストレス対処法
第3章 それぞれのがんについて知る
 各がん種
 それぞれのがんの治療と療養生活について
第4章
 がん医療のトピックス

2. がん対策情報センター発行の冊子
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/qa_links/brochure/index.html

 国立ガンセンター・がん対策情報センターで作成した「各種がんの解説」などの小冊子ががん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで無料で配布されていますが,上記URLからダウンロードもできます。どの病院が,がん診療連携拠点病院であるかは,下記URLで確認できます。
 また,各種がんの解説は,ホームページ上でも閲覧できます。
 非常にわかりやすく解説していますので,是非参考にして下さい。 

・各種がんの解説(部位・臓器別もくじ)
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/index.html
・がん診療連携拠点病院一覧
http://ganjoho.ncc.go.jp/pub/hosp_info/index_01.html

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失