TOP  >  がん情報サポート  >  がんの療養生活  >  風邪やインフルエンザに罹らないように予防しましょう!!

がん情報サポート

風邪やインフルエンザに罹らないように予防しましょう!!

カテゴリ : 
がんの療養生活
閲覧 (4180)

寒い時期になりました。北国では,雪が積もり始めています。 全国各地でインフルエンザが流行し始めています。
 がんの療養生活では,インフルエンザや風邪が大敵となりますので,風邪,インフルエンザ対策が必要となりますので,その対策について簡単に説明したいと思います


 細菌やウィルスの感染の際には,私たちの身体を感染から防御するために,白血球(好中球やリンパ球)が働きます。
 がんの治療を受けているとき,特に抗がん剤を投与されているときには,その感染防御に働く白血球が低下することがありますし,悪性リンパ腫治療に使用されるリツキシマブ(商品名リツキサン)も,抗がん剤よりは強くないと思いますが,リンパ球に作用しますので,感染症になりやすい可能性があると考えられています。
 好中球やリンパ球などの白血球やが減少しているときには,インフルエンザや風邪などの感染する危険性が高まると考えられています。また,細菌感染やウィルス感染は,がんの増殖を促進する可能性もあることが指摘されています。
 従って,よりよい療養生活を送っていただくためには,感染予防がより重要になります。

 インフルエンザの治療薬として,タミフルがありますが,異常行動などが問題になりました。異常行動とタミフル服用には関連性が議論されていますが,タミフルを服用する必要がないように,予防することが一番と思います。

  感染予防は,体力をつけ、抵抗力を高めるために栄養と休養を十分に取ること,病原菌やウィルスに近づかないようにすること,病原菌やウィルスが増殖しないようにすることが必要と考えられています。
 その観点から,次の感染予防が勧められています。

①人混みに近寄らない?

②風邪をひいている人に近づかない

③マスクをする(ウィルス感染には効果がないとの報告もありますが)

④食事前と排泄後には丁寧に石鹸と流水で手を洗うこと

⑤食事の前後と就寝前など頻回にうがいをすること

⑥室内を適度な温度,湿度を保つ

⑦毎日シャワーか入浴をし,下着や寝間着は洗濯したものに着替え,清潔にすること

⑧食肉,魚介類,卵は生で食べないこと

⑨カビを含むチーズ,生野菜や生水を摂取しないこと

⑩瓶やペットボトルの飲料水は開封後24時間で飲めなければ処分すること

⑩園芸などで土をさわらないこと


 インフルエンザワクチンを接種することも対策の一つですが,患者さんの状態により,インフルエンザワクチンを接種できない場合もありますので,予めご承知下さい。 

 抗がん剤治療を行っている病院では,このような説明をしていると思いますが,他の副作用対策と一緒に説明しているために,十分にご理解いただけない場合もあると思います。
 がんの療養生活では,上記に示したような感染対策をすることが重要と思いますし,天気が良いときには,暖かくして,散歩して体力をつけることも重要と思います。

 ますます,寒くなります。暖かくして,健やかな療養生活を送っていただければ幸いです。