TOP  >  がん情報サポート  >  がんの薬物療法  >  日本ホスピス緩和ケア協会年次大会サテライトワークショップで講演します

がん情報サポート

日本ホスピス緩和ケア協会年次大会サテライトワークショップで講演します

カテゴリ : 
がんの薬物療法
閲覧 (3792)
 日本ホスピス緩和ケア協会が,NPO法人となり第1回目の全国大会が仙台国際センターで7月19-20日に開催されます。
 日本ホスピス緩和ケア協会が,NPO法人となり第1回目の全国大会が仙台国際センターで7月19-20日に開催されます。
 この大会の2日目(7月20日)の午後にサテライトワークショップとして,癌研有明病院の向山先生の司会のもとで,「緩和ケアとがん薬物療法」として,がん治療開始早期からの緩和ケアのあり方について,下記の内容で話題提供(講演)する予定です。

1. がん医療における緩和ケアの位置づけの変化
2. がん薬物療法はどのように進歩しているか?
3. がん医療はどのように評価されるか?
4. 緩和ケアにおける化学療法は?どのような効果が期待できるか?
5. がん化学療法の適応基準は?
6. がん薬物療法の有害反応
7. がん薬物療法における有害反応と効果予測因子
7. 外来・在宅化学療法に注意すべき点は有害反応だけか?
8. がん支持療法の可能性と問題点
9. がん薬物療法における薬物相互作用
10. 提言

 かけ声だけの「がん治療開始早期からの緩和ケア」ではなく,患者さんに寄り添うがん医療として,また患者さんを支えるがん医療を実現するためには,どのような知識が必要で,どのようにするのが良いのかを提案してみたいと思います。

 多くの方々が理解して下さり,患者さんに寄り添うがん医療として,また患者さんを支えるがん医療を実現することを期待しています。