TOP  >  がん情報サポート  >  がんの薬物療法  >  新薬情報:スーテント,日本でも6月13日に発売

がん情報サポート

新薬情報:スーテント,日本でも6月13日に発売

カテゴリ : 
がんの薬物療法
閲覧 (3533)
 ファイザー株式会社は,約1週前の6月13日にマルチ・キナーゼ阻害剤スニチニブ(商品名スーテント)を発売すると発表しました。
 ファイザー株式会社は,約1週前の6月13日にマルチ・キナーゼ阻害剤スニチニブ(商品名スーテント)を発売すると発表しました。
ファイザー株式会社プレスリリース
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2008/2008_06_13.html

 適応症は,イマチニブ(商品名グリベック)抵抗性の消化管間質腫瘍(GIST)と根治切除不能または転移性の腎細胞がんです。

 今回は,海外の臨床試験と国内の第I相試験と第II相試験に基づいて承認されたものです。
 プレスリリースでは,「日本人での有効性および忍容性も確認されています」と記載されていますが, 第I相試験と第II相試験では,日本人での有効性や安全性の評価は不可能であるために,有効性,安全性を評価するために1000例の全例調査が義務づけられています。

 スニチニブの発売を心待ちにしていた患者さんもおられると思いますが,スニチニブは心不全,甲状腺機能低下,高血圧などの有害反応が比較的多く,また,1日薬価が341845.2円と非常に高くなっていますので,これらを留意して,服用を考えていただければと思います。