TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

新たな機序の制吐剤

カテゴリ : 
副作用対策
閲覧 (1254)

がん化学療法の悪心・嘔吐を抑制する制吐剤は,グラニセトロン(商品名カイトリル)などの5HT3受容体拮抗薬が中心でしたが,新たにNK(ニューロキニン)1受容体拮抗薬であるaprepitant(商品名Emend)が5HT3受容体拮抗薬などとの併用で遅延性嘔吐にも効果的であることが証明され,2003年2月にFDAの承認を受けています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ロシュ社は,ベバシズマブ(商品名アバスチン)を転移性乳がん患者に対する標準化学療法との併用の適応拡大の申請を2006年5月26日のFDAに引き続いて,7月10日欧州EMEAに行ったと発表しました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

WHO方式の第二段階から,すなわち,中程度の痛みからオピオイド製剤が投与されることになります。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 胃がんの標準的化学療法のレジメンは5FUを中心とするフッ化ピリミジン製剤を基本としているものが多いようです。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 Journal of Clinical Oncology の7月1日号にホルモン不応性転移性前立腺がんに対する免疫療法の第III相試験結果が掲載されていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失