TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

がん化学療法による倦怠感

カテゴリ : 
副作用対策
閲覧 (1231)

倦怠感は健康な人でも日常的に感じることですが,がん患者の多くに認められ,特にがん治療を受けている患者さんにみられると考えられています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

サリドマイド

カテゴリ : 
医薬品情報(新薬)
閲覧 (1445)

2006年5月25日,米国Celgene社はサリドマイド製剤(商品名Thalomid)はデキサメタゾンとの併用で適応拡大が認められたと発表しました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

胃がんのワクチン

カテゴリ : 
医薬品情報(新薬)
閲覧 (1338)

2006年5月24日のOncoLinkに「免疫原(ワクチン)が胃がんの生存率を改善する(Immunogen improves survival in gastric cancer)」というタイトルの記事が掲載されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 5HT3受容体拮抗薬がアセトアミノフェンの鎮痛効果を抑制するという研究がありますが,これらの抑制作用はアセトアミノフェンの血中濃度の低下という薬物動態に関連したものではなく,セロトニンの作用を抑制するためと考えられているようです。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 乳がんのHer2受容体関連の話題が続きますが,Her2陽性の患者に対する化学療法としてどのようなものが良いのかを検討した論文が最新のNew England Journal Medicine誌に掲載されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失