TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

 HER2(ErbB2)の過剰発現があり,トラスツブマブ(商品名ハーセプチン)に奏効しない難治性,転移性乳がんを対象にGlaxoSmithKlineが開発しているLapatinib(商品名Tykerb)の第III相試験が行われていましたが,明らかに好結果であることから,第III相試験を中止したと2006年4月3日にGlaxoSmithKline社からプレスリリースがありました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

さる4月26日,厚生労働省はゲフィチニブ(商品名イレッサ)投与による間質性肺炎や急性肺障害などの副作用が,2002年7月の販売開始から今年3月までに1631件件報告され,うち死亡が643例であると発表しました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 パクリタキセル(商品名タキソール)は優れた抗がん剤として知られ,肺がん,卵巣がん,乳がんの第一選択治療薬として使用されることが多いのですが,非常に水に溶けにくく,ポリオキシエチレンヒマシ油(商品名クレモホール)という特殊な溶解剤を使用することになっています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

骨代謝には破骨細胞と骨芽細胞が重要と考えられています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

緩和ケアとホスピスは同じ?

カテゴリ : 
緩和ケア
閲覧 (1350)
 2006年1月8日に放映されたNHKの特集番組「日本のがん医療を問うがんの苦痛は取り除ける」でがん疼痛の緩和など,緩和ケアの必要性が強調されていましたが,癌研有明病院の向山先生が「通常のICUがあるように,症状緩和を必要とする方はPCUで症状緩和して頂き,また,患者さんが望むなら,がんの治療に戻ればいい」という趣旨の発言をされていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失