TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

緩和ケアとホスピスは同じ?

カテゴリ : 
緩和ケア
閲覧 (1327)
 2006年1月8日に放映されたNHKの特集番組「日本のがん医療を問うがんの苦痛は取り除ける」でがん疼痛の緩和など,緩和ケアの必要性が強調されていましたが,癌研有明病院の向山先生が「通常のICUがあるように,症状緩和を必要とする方はPCUで症状緩和して頂き,また,患者さんが望むなら,がんの治療に戻ればいい」という趣旨の発言をされていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

がん探知犬

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1486)

犬の嗅覚を利用して,がんの診断をしようという試みがあります。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 世界的な閉経乳がんのホルモン療法剤として評価されている選択的アロマターゼ阻害剤レトロゾール(商品名フェマーラ)がようやく発売されました(選択的アロマターゼ阻害剤の中では,個人的に最も期待していた薬剤です)。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

がん医療とイラク戦争の共通性

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1445)
 イラク戦争が終わったとされ,まだフセイン元大統領などのイラク政府の元高官が逮捕される前にある調査会社に依頼されて書いたものです。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

がん治療のガイドライン作成で世界的に知られているカナダのCancer Care Ontario Practice Guideline Initiatives(CCOPGI)のIII期大腸がんの術後補助化学療法のガイドラインでは,5FUとロイコボリンによる術後補助化学療法を6カ月行うように推奨されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失