TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

 すでに色々なところから発信されていますので,ご存知のことと思いますが,6月27日,Genentech社が米国国立がん研究所(NCI)とGenetech社との共同研究による進行膵臓がん患者を対象とするゲムシタビン(商品名ジェムザール)とbevacizumab(商品名アバスチン)の併用効果を評価する二重盲検プラセボ比較試験CALGB(Cancer and Leukemia Group B)80303試験で,ゲムシタビン(商品名ジェムザール)単独投与群と全生存率に統計学的有意差が得られないために,独立したデータモニタリング委員会が試験の中止の勧告に従って試験を中止すると発表しました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 2006年6月27日午後7時30分からのNHK総合テレビ「クローズアップ現代」で「患者の声が国を動かした〜がん対策基本法成立の舞台裏〜」が放映されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

血小板増加薬

カテゴリ : 
医薬品情報(新薬)
閲覧 (1178)
 白血球減少症(特に好中球減少症)にはCSF(Colony Stimulation Factor)製剤,貧血などの赤血球減少症にはエリスロポエチンが遺伝子工学の発達で開発され,現在医療現場でも使用できるようになりました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 進行膵臓がんに対する化学療法はゲムシタビン(商品名ジェムザール)が標準治療薬と考えられていますが,シスプラチン,オキサリプラチンなどとの併用効果についても,研究されてきています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

がん対策基本法を考える

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1915)

2006年6月15日,「がん対策基本法」が国会で成立されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失