TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

クロノセラピー

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (1573)

 フルオロウラシル(商品名5FU)の効果を向上させ,副作用を軽減する目的に時間薬理学の原理を用いたクロノセラピーが提唱されています。 Journal of Clinical Oncology誌に,欧州癌研究・治療機構(EORTC)が行った転移性大腸がんの第一選択化学療法としてのフルオロウラシル,ロイコボリンとオキサリプラチンの4日間の投与時間を調節した治療と2日間の通常の投与に依る治療を比較する多施設ランダム化第III相試験の結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

バイアス

カテゴリ : 
EBM・標準治療
閲覧 (1170)
 EBMでは臨床研究にバイアスがどの程含まれているかを問題にします。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

EBMの役割

カテゴリ : 
EBM・標準治療
閲覧 (1148)
 EBM(イービーエム)という言葉を耳にしたことがあると思いますが,今日は,そのEBMについて,説明したいと思います。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

抗がん剤の副作用の説明

カテゴリ : 
副作用対策
閲覧 (1198)

「がん治療その前にがん治療に悩みながらも,家族でがんを克服しました」というホームページがあります。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

科学と倫理のバランス

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1247)

科学が発展していない時代では,「診て察する」ことを「診察」というように,経験と勘による医療が提供されてきました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失