TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

抗がん剤の選好性

カテゴリ : 
医薬品情報(新薬)
閲覧 (1030)
ある抗がん剤の注射薬と内服薬(経口薬)があり,効果がほぼ同じとしたら,皆さんはどちらの治療を選択しますか?

日本では経口5FU製剤を好んで使用する医師が多かったのですが,かなり前まで,欧米の臨床腫瘍医は経口5FU製剤よりも注射薬を選択する方が多かったと思います。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

Dimesnaの開発の行方は?

カテゴリ : 
副作用対策
閲覧 (1647)

パクリタキセル(商品名タキソール)やドセタキセルなどのタキサン製剤やシスプラチン(商品名ランダ,ブリプラチン)などの白金製剤は末梢神経障害の副作用があり,患者のQOLに影響があることが知られていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

チームアプローチ

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1231)
 日本癌治療学会での上野先生の講演を聴いてから,ますます「チームオンコロジー」にはまっています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

2006年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)でラパチニブ(商品名タイケルブ)はErbB1及びErbB2陽性進行腎細胞がんに有効である可能性が発表されたとGlaxoSmithLikine社のホームページで知りました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

患者参加型のがん医療の成果

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1199)
 Shared decision makingという言葉は,皆さんよくご存知のように,「意思決定を共有する」という意味です。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失