TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

 2006年6月2日から米国アトランタで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO)で新たな分子標的治療薬やワクチンなどの研究成果が発表されているようです。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 パクリタキセル(商品名タキソール)やドセタキセル(商品名タキソテール)などのタキサン製剤,ビノレルビン(商品名ナベルビン)などのビンカアルカロイド製剤,シスプラチン(商品名ランダなど),カルボプラチン(商品名パラプラチン)やオキサリプラチン(商品名エルプラット)など高い抗腫瘍効果を示す抗がん剤が使用されることが多くなってきています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 2006年6月2日から米国アトランタで米国臨床腫瘍学会が開催され,興味のある研究結果が報告されているようです。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 2006年6月2日から米国アトランタで米国臨床腫瘍学会(ASCO)開催中です。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

オピオイド

カテゴリ : 
副作用対策
閲覧 (994)
 フェンタニルパッチ(商品名デュロテップパッチ)は過量投与による呼吸抑制のため命に関わることがあることを,2005年7月15日にFDAから勧告などを参考に使用上の注意を指摘させて頂きましたが,2006年4月に販売会社であるヤンセンファーマ(株)と協和発酵(株)が「デュロテップパッチ適正使用情報」をまとめ,インターネットに公開(麻薬であるため医療関係者のみの登録制)すると同時に医療機関に配布しています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失