TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

 注目する抗がん剤に,アルキル化剤であるイホスファミド(商品名イホマイド)にグルコースを結合させ,腫瘍内に取り込みやすくした製剤にGlufosfamideがあります。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 2月27日,アストラゼネカ社から「イレッサの国内第III相比較試験の結果について」の詳細な結果が公表されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 今年1月に出版されたBritish Medical Journal誌に経口抗がん剤の安全対策に関する米国がん専門病院の取り組みについての調査研究結果が掲載されていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 米国では,1992年以来,製薬企業からの臨床研究の研究費のサポートがNIHからの研究費を越えていることが知られています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 腫瘍血管新生を担う血管上皮増殖因子の抗体医薬ベバシズマブ(商品名アバスチン)とゲムシタビン(商品名ジェムザール)とシスプラチン(商品名ランダ他)による化学療法への併用効果を評価していた第III試験(AVAiL試験)で,従来使用されていた用量の半分でも,無増悪生存期間を延長することが示されたと,2月21日,ジェネンテック社とロシュ社から発表されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失