TOP  >  がん臨床研究情報  >  最新エントリー

がん臨床研究情報

血小板増加薬

カテゴリ : 
医薬品情報(新薬)
閲覧 (1023)
 白血球減少症(特に好中球減少症)にはCSF(Colony Stimulation Factor)製剤,貧血などの赤血球減少症にはエリスロポエチンが遺伝子工学の発達で開発され,現在医療現場でも使用できるようになりました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 進行膵臓がんに対する化学療法はゲムシタビン(商品名ジェムザール)が標準治療薬と考えられていますが,シスプラチン,オキサリプラチンなどとの併用効果についても,研究されてきています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

がん対策基本法を考える

カテゴリ : 
その他
閲覧 (1750)

2006年6月15日,「がん対策基本法」が国会で成立されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 慢性骨髄性白血病(CML)の90%以上に9番染色体と22番染色体の相互転座により生ずる異常染色体フィラデルフィア(Ph)染色体が認められ, この染色体には9番染色体のABL遺伝子と22番遺伝子のBCR遺伝子が融合したBCR-ABL遺伝子が存在すると知られています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 AlvimopanはAdolor 社で合成され,GlaxoSmithKlein社と共同開発中のトランス3,4ジメチル4(3ヒドロキシフェニル)ピペリジンというピペリジンの誘導体ですが,末梢のμオピオイド受容体に選択的に拮抗し,血液脳関門を通過しにくいために,中枢のμオピオイド受容体には作用せず,アドレナリン受容体,セロトニン受容体,ドパミン受容体,ヒスタミン受容体,ムスカリン受容体にも作用しないことから,モルヒネの鎮痛効果にも影響せず,精神症状の副作用は殆ど問題にならないと発表されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失