がん臨床研究情報

ガバペンチン(商品名ガバペン)の徐放製剤を開発しているDepomed社は,更年期のほてり(潮紅)に対する第II相二重盲検試験で,ガバペンチン徐放製剤が有意な改善効果を示したことを発表しています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

Genentech社は,2月12日,これまで該当する治療を受けていないHER2陰性の局所再発または転移性乳がん患者を対象とする第III相試験(AVADO試験)で,ドセタキセルとベバシズマブ(商品名アバスチン)の併用群とドセタキセルとプラセボ投与群の無増悪生存期間を比較した試験で,良好な結果が得られたと発表しました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

Pro-Pharmaceutical社は,マンノースとガラクトースを構成成分とする多糖体製剤(商品名Davanat)を開発しています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

マルチキナーゼ阻害薬であるソラフェニブ(商品名ネクサバール)が,先月,日本でも進行腎細胞がんを適応に承認されました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

赤血球増加薬であるエリスロポエチン製剤に関しては,血中ヘモグロビン濃度を13.5g/dLに到達するようにエリスロポエチン製剤を投与された例と11.3g/dLと低いレベルで維持した例の有害事象を比較した結果,積極的な投与をした例にうっ血性心不全,心筋梗塞などの有害事象が多く,死亡例も多いことが知られ,大きな問題となっていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません