がん臨床研究情報

 今年1月に出版されたBritish Medical Journal誌に経口抗がん剤の安全対策に関する米国がん専門病院の取り組みについての調査研究結果が掲載されていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 ヒト上皮増殖因子受容体2(Her2)の過剰発現がみられる炎症性乳がんを含むIIB期またはIII期の乳がんに対して,術前補助療法としてのドセタキセル(商品名タキソテール),ビノレルビン(商品名ナベルビン)とトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)の併用療法に関する検討した第II相試験結果が,Journal of Clinical Oncology誌のearly releaseに掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 先日,25ヒドロキシビタミンD(25[OH]ビタミンD)の血清濃度が高い例は低い例と比較して,大腸がんのリスクが少ないことをお伝えしましたが,最新のJournal of Clinical Oncology誌にIA期-IIB期の非小細胞肺がん患者の予後も25[OH]ビタミンD濃度に関連しているという研究成績が報告されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 2月9日のロイターヘルスにビタミンDの1000〜2000国際単位(25〜50μg)を摂取すると安全に大腸がんの発生リスクを軽減することが,多くの研究のメタ分析で明らかになったという記事が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

今月7日のロイターヘルスに衝撃的なタイトルのニュースが掲載されていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません