がん臨床研究情報

ドセタキセルの投与方法

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (1476)

がん化学療法の投与方法として,がん細胞への曝露する薬剤の濃度を高めるために一回の投与量を多くするためのDose-intensity(用量強度)とがん細胞への曝露する薬剤の濃度を一定量にするために頻回に投与するDose-density(用量密度)があります。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 頭頸部がんや非小細胞がんのように放射線療法に比較的感受性があり,がん化学療法にも効果を示すことがあるがんには,化学放射線療法が行われることがあります。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 4月12日にNew England Journal of Medicine誌の1月11日号に掲載された腎細胞がんに対する2つの分子標的治療薬の臨床評価論文の構造化抄録を公開いたしました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ゾメタの腎機能障害のリスク

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (2649)
 ゾロドロネート(商品名ゾメタ)は,乳がんや前立腺がんの骨転移による骨痛を緩和すること,骨転移を予防すること,骨に転移したがん細胞のアポトーシスを誘導することが知られています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 オキサリプラチンは優れた抗がん剤として知られ,5-FUとホリナート(商品名ロイコボリン)と併用するFOLFOX4療法は転移性大腸がんの第一選択治療として推奨されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失