がん臨床研究情報

 ゲフィチニブ(商品名イレッサ),エルロチニブ(商品名タルセバ)などの上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤の有害反応にはざ瘡様皮疹などの皮膚障害が多いことが知られ,皮膚障害の有害反応発現例に効果が得られやすいことが知られています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 除去修復交差相補群 1(excision repair cross-complementation group 1 , ERCC1)酵素は,シスプラチンとDNA付加物を認識して除去するヌクレオチド除去修復に重要で,そのことがシスプラチンの耐性発現の一つと考えられています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 先日,お世話になっているがん疼痛治療専門の医師と話す機会がありました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 がん化学療法の有害反応として,好中球減少症が知られています。イタリアの研究グループから,イタリアで行われた非小細胞肺がん患者の化学療法の効果を検討した共同試験のプールした解析で,化学療法による好中球減少症のグレードをグレード0のなし,グレード1〜2の軽度呼びグレード3〜4の重度例に分けて,生存期間を比較した結果が報告されています。 

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 多くのがん化学療法は,種々の有害反応を示しますが,致死的になるものと,致死的にならないが患者QOLを損なうものなど数多く認められます。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失