がん臨床研究情報

 先日,25ヒドロキシビタミンD(25[OH]ビタミンD)の血清濃度が高い例は低い例と比較して,大腸がんのリスクが少ないことをお伝えしましたが,最新のJournal of Clinical Oncology誌にIA期-IIB期の非小細胞肺がん患者の予後も25[OH]ビタミンD濃度に関連しているという研究成績が報告されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 2月9日のロイターヘルスにビタミンDの1000〜2000国際単位(25〜50μg)を摂取すると安全に大腸がんの発生リスクを軽減することが,多くの研究のメタ分析で明らかになったという記事が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

今月7日のロイターヘルスに衝撃的なタイトルのニュースが掲載されていました。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 抗炎症鎮痛剤として知られる選択的COX-2阻害薬celecoxib(商品名Celebrex)は,大腸がんの前がん状態の一つとして知られる大腸腺腫の発生を予防することも知られています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

クロノセラピー

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (1518)

 フルオロウラシル(商品名5FU)の効果を向上させ,副作用を軽減する目的に時間薬理学の原理を用いたクロノセラピーが提唱されています。 Journal of Clinical Oncology誌に,欧州癌研究・治療機構(EORTC)が行った転移性大腸がんの第一選択化学療法としてのフルオロウラシル,ロイコボリンとオキサリプラチンの4日間の投与時間を調節した治療と2日間の通常の投与に依る治療を比較する多施設ランダム化第III相試験の結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失