がん臨床研究情報

 [更新日:2019年6月14日]

 HER2陽性初期乳がん患者の術後補助化学療法にトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)の併用は標準治療となっていますが,投与期間に関しては,種々の議論があります。先日,PERSEPHONE試験結果を紹介しましたが,Lancet誌のオンライン版には,術後化学療法4サイクル以上,トラスツズマブ6ヵ月投与したHER-2過剰発現が認められる浸潤性初期乳がん患者を対象としてさらにトラスツズマブを6ヵ月投与する群(トラスツズマブ12ヵ月投与群)と投与を中止する群(トラスツズマブ6ヵ月投与群)の効果を比較するランダム化比較第III相試験(PHARE試験)の最終結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 [更新日:2019年6月12日]

 HER2陽性初期乳がんに関しては,術後,トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)投与がエッセンシャルと考えらていますが,HERA試験では,1年間投与は2年間投与と同様の効果を示し,PHARE試験やHORG試験では,6ヵ月投与より1年間投与がより良好であることが認められています。Lancet誌のオンライン版に,HER2陽性初期乳がんの術後療法として,化学療法に併用するトラスツズマブの6ヵ月投与と1年投与の効果を評価するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(PERSEPHONE試験)の4年追跡結果が報告されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 [更新日:2019年6月10日]

 進行胆道がんには,ゲムシタビンとシスプラチン併用のGC療法,ゲムシタビンとS1併用のGS療法,ゲムシタビンとオキサリプラチン併用のGEMOX療法が標準と考えられれています。Annals of Oncology誌に,進行胆道がんの1次療法として,ゲムシタビンとオキサリプラチン併用のGEMOX療法とカペシタビン(商品名ゼローダ)とオキサリプラチン併用のCapeOX療法の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験結果が報告されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 [更新日:2019年6月7日]

 HER2陽性II-III期の切除可能乳がん患者の術前療法として,トラスツズマブ・エムタンシン(T-DM1,商品名カドサイラ)とペルツズマブ(商品名パージェタ)の併用群とドセタキセル,カルボプラチン,ペルツズマブとトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)併用群の効果を比較したオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(KRISTINE試験)結果では,化学療法にトラツズマブとペルツムマブを併用した群は,トラツズマブ・エムタンシンとペルツムマブを併用した群に比較して有意に病理学的完全奏効率が高いことが認められています。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版に,この試験の3年追跡調査による生存期間に対する効果が報告されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません

 [更新日:2019年6月5日]

 乳がんの術前療法として,アンスラサイクリン製剤投与に引き続くタキサン製剤投与が,アンスラサイクリン製剤を中心とするレジメンに比較して,良好な病理学的完全奏効(pCR)率が高いことが知られています。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版に,乳がんの術前療法として,ナノ粒子化アルブミン結合パクリタキセル製剤(nab-パクリタキセル,商品名アブラキサン)に引き続くエピルビシン,シクロホスファミド併用のEC療法を行った群と従来のパクリタキセル製剤に引き続くEC療法の効果比較を行ったオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(GeparSepto-GBG 69試験)の追跡調査結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません