TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  導入療法で増悪しない扁平上皮がんを除く進行非小細胞肺がんのより良い維持療法は?

がん臨床研究情報

導入療法で増悪しない扁平上皮がんを除く進行非小細胞肺がんのより良い維持療法は?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (60)

 [更新日:2019年9月26日]

 導入化学療法で増悪が認められない扁平上皮がんを除く進行非小細胞肺がんの維持療法として,ペメトレキセド(商品名アリムタ),ベバシズマブ(商品名アバスチン)やペメトレキセドとベバシズマブの併用による維持療法が効果的であることが報告されています。Journal of Clincal Oncology誌に,ペメトレキセド,ベバシズマブやペメトレキセドとベバシズマブの併用による維持療法の効果を評価し,最適な維持療法を決めるためのランダム化比較第III相試験(ECOG-ACRIN 5508試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません