TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  ハーセプチン併用治療で増悪したHER2陽性乳がんには,ピロチニブとゼローダの併用が効果的!

がん臨床研究情報

ハーセプチン併用治療で増悪したHER2陽性乳がんには,ピロチニブとゼローダの併用が効果的!

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (18)

 [更新日:2019年9月20日]

 トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)に耐性を示した乳がん患者にはラパチニブ(商品名タイケルブ)が効果的との報告もあります。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版にこれまで,タキサン製剤,アンスラサイクリン製剤とトラスツズマブ投与を経験したHER2陽性転移性乳がん患者を対象に,経口,不可逆的,pan-ErbB受容体チロシンキナーゼ阻害剤であるピロチニブとカペシタビン(商品名ゼローダ)の併用療法とラパチニブとカペシタビン併用療法の効果を比較するランダム化比較第II相試験結果が報告されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません