TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  転移性HER2陽性乳がん患者に対してネラチニブはハーセプチンと同等の効果を示す?!

がん臨床研究情報

転移性HER2陽性乳がん患者に対してネラチニブはハーセプチンと同等の効果を示す?!

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (69)

 [更新日:2019年9月06日]

 HER2陽性乳がんには,抗HER2抗体であるトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)やHER2チロシンキナーゼ阻害薬であるラパチニブ(商品名タイケルブ)が優れた効果を示すことが知られていますが,長期間後には増悪することが知られています。ネラチニブはerbB1,erbB2,erbB411に対して不可逆的な阻害作用を示すチロシンキナーゼ阻害薬として知られ,乳がんなどに対する有効性が期待されています。2年前の報告ですが,JAMA Onocology誌に,これまで治療の経験のない転移性HER2陽性乳がん患者を対象にネラチニブとパクリタキセルの併用療法とトラスツズマブとパクリタキセルの併用療法の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(NEfERT-T試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません