TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  腫瘍浸潤リンパ球が20%以上であればハーセプチンは術後9週間投与で良いかもしれません!!

がん臨床研究情報

腫瘍浸潤リンパ球が20%以上であればハーセプチンは術後9週間投与で良いかもしれません!!

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (18)

 [更新日:2019年8月19日]

 HER2陽性初期乳がん患者に対する術後療法のトラスツズマブの投与期間の効果を検討したShortHER試験では,トラスツズマブ9週投与群と1年投与群では無病生存期間,全生存期間には両群に有意差は認められませんでしたが,トラスツズマブの9週投与群の非劣性も認められませんでした。Annals of Oncology誌にこのShortHER試験に参加した患者を用いて,腫瘍浸潤リンパ球(TIL)の程度と無遠隔転移無病生存期間(DDFS)との関連性およびトラスツズマブの投与期間の関連性を検討した探索試験結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません