TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  HER2陽性乳がんの1次療法として,ハーセプチン,パージェタとの併用に適するタキサン製剤は?

がん臨床研究情報

HER2陽性乳がんの1次療法として,ハーセプチン,パージェタとの併用に適するタキサン製剤は?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (33)

 [更新日:2019年8月6日]

 HER2陽性転移性乳がんの1次療法として,トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)とドセタキセルの併用療法にペルツムマブ(商品名パージェタ)を加えることが標準的であると言われています(異論がありますが)。Annals Of Oncology誌に,トラスツズマブとペルツムマブにドセタキセル併用が効果的か,またパクリタキセル併用が効果的かを検討したオープンラベル,単群(タキサン併用群のみ)IIIb相試験結果(PERUSE試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません