TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  閉経後,ホルモン受容体陽性,HER2陰性乳がん患者の2次療法としてツシジノスタットは効果的か?

がん臨床研究情報

閉経後,ホルモン受容体陽性,HER2陰性乳がん患者の2次療法としてツシジノスタットは効果的か?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (34)

 [更新日:2019年7月31日]

 ツシジノスタットはヒストン脱アセチル化酵素(HDAC1,HDAC2,HDAC3,HDAC10)を阻害する経口サブタイプ特異的ヒストン脱アセチル化阻害薬の経口ベンズアミドとして臨床開発されています。Lancet Oncology誌に閉経後,進行,ホルモン受容体陽性乳がん患者を対象として,ツシジノスタットとエキセメスタンの併用効果を評価する,プラセボ比較,二重盲検,ランダム化比較第III相試験(ACE試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません