TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  局所進行食道がんに対するタキソール/5-FUを用いた同時化学放射線療法は標準療法になるか?

がん臨床研究情報

局所進行食道がんに対するタキソール/5-FUを用いた同時化学放射線療法は標準療法になるか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (28)

 [更新日:2019年7月25日]

 進行食道扁平上皮がんに対しては,シスプラチンと5-FUなどのフッ化ピリミジン製剤の併用療法に動じ放射線療法を併用する化学放射線療法が標準と考えられています。Jounral of Clinical Oncology誌,局所進行食道扁平上皮がんを対象として,シスプラチンと5-FU併用の根治的同時化学放射線療法とパクリタキセルと5-FU併用の根治的同時化学放射線療法の効果を比較するランダム化比較第III相試験(ESO-Shanghai 1試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません