TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  腫瘍遺伝子変異量は非小細胞肺がん1次療法のオプチーボとヤーボイ併用の効果発現因子となる

がん臨床研究情報

腫瘍遺伝子変異量は非小細胞肺がん1次療法のオプチーボとヤーボイ併用の効果発現因子となる

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (18)

 [更新日:2019年5月13日]

 抗PD-1抗体の免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブ(商品名オプチーボ)は進行非小細胞肺がんの2次療法としては有効性が認められましたが,1次療法としては,ネガティブの結果が示されていますが,抗CTLA-4抗体であるイピリムマブ(商品名ヤーボイ)との併用効果を検討した第II相試験(CheckMate-568 試験)では,腫瘍のPD-L1発現レベルにかかわらず,1次療法として,奏効する可能性が最も高い例の有効なカットオフ値は,腫瘍遺伝子変異量(Tumor Mutational Burden:TMB)が10変異/Mb(メガベース)(mut/Mb)以上であることが確認されています。Journal of Clinical Oncology誌のオンライン版に,CheckMate-568 試験に参加した患者を用いて,有効性に関わるPD-L1発現とTMBの関連性を検討した研究論文が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません