TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  III期胃がんの周術期化学療法として,FLOT療法はECF療法より有効か?

がん臨床研究情報

III期胃がんの周術期化学療法として,FLOT療法はECF療法より有効か?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (19)

 [更新日:2019年5月10日]

 最近,日本でもIII期胃がんの術後補助化学療法としてドセタキセルとS-1(商品名ティーエスワン)の併用が効果的であることが報告されています。Lancet誌のオンライン版に,切除可能局所進行胃がんまたは胃-食道接合部がんに対する周術期化学療法として,5-FU,ホリナート,オキサリプラチン,ドセタキセル併用のFLOT療法とエピルビシン,シスプラチン,5-FU併用のECF療法またはエピルビシン,シスプラチン,カペシタビン併用のECX療法の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第II相/第III相試験(FLOT4試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません