TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  限局型小細胞肺がんに対する化学放射線療法の照射は1日2回が良いのか?,1日1回が良いのか?

がん臨床研究情報

限局型小細胞肺がんに対する化学放射線療法の照射は1日2回が良いのか?,1日1回が良いのか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (41)

 [更新日:2019年4月26日]

 限局型小細胞肺がんに対しては,化学療法と放射線療法を同時期に行う同時化学放射線療法が標準と考えられていますが,放射線療法の至適スケジュールに関しては議論のあるところでした。2017年の報告ですが,Lancet Oncology誌に,限局型小細胞肺がん患者を対象に,化学療法と併用する際の放射線照射方法として,通常照射法と過分割照射法の効果を比較し,過分割照射法の優越性を評価するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(CONVERT試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません