TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  「III期結腸がんのオキサリプラチンを含む術後療法の期間」に関するASCOのガイドライン

がん臨床研究情報

「III期結腸がんのオキサリプラチンを含む術後療法の期間」に関するASCOのガイドライン

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (10)

 [更新日:2019年4月17日]

 III期または高リスク結腸がんの術後補助化学療法として,2週毎の5-FU,ホリナート,オキサリプラチン併用のFOLFOX療法またはカペシタビンとオキサリプラチン併用のCAPOX療法を3ヵ月行う群と6ヵ月行う群を比較するランダム化試験(IDEA試験)が報告されています。この試験は,日本,米国/カナダ,プランス,イタリア,ギリシア,英国などの各地でおのおのでランダム化され,それらの地区別の効果をまとめた報告とと全体をまとめた結果が報告されています。米国臨床腫瘍学会(ASCO)ではこれらの結果に基づいて,「III期結腸がんのオキサリプラチンを含む術後療法の期間」に関するガイドラインをまとめて公表しました。このガイドラインのクリニカルクエッションと推奨について記載します。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません