TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  局所進行食道がんにはビノレルビンとシスプラチン併用の術前化学放射線療法が効果的か?

がん臨床研究情報

局所進行食道がんにはビノレルビンとシスプラチン併用の術前化学放射線療法が効果的か?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (42)

 [更新日:2019年3月19日]

 切除可能局所進行食道扁平上皮がん患者に対して,術前化学療法としてのドセタキセル,5-FU,ドセタキセルを併用するDCF療法などが効果的と報告されていますが,十分なエビデンスは少ないようです。Journal of Clinical Oncology誌に局所進行食道扁平上皮がん患者の術前にビノレルビンとシスプラチン併用の化学療法に放射線療法を併用する化学放射線療法を行う群と手術単独群の効果を評価するオープンラベル,ランダム化第III相試験(NEOCRETEC5010試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません