TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  ランマークは乳がん術後アロマターゼ阻害薬と併用すると無病生存期間が延長する??

がん臨床研究情報

ランマークは乳がん術後アロマターゼ阻害薬と併用すると無病生存期間が延長する??

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (53)

 [更新日:2019年3月18日]

 ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体であるデノスマブ(商品名ランマーク)は,破骨細胞へのシグナル伝達を抑制し,骨溶解を防ぎ,骨量減少を予防する効果を示すことが知られています。閉経後ホルモン受容体陽性乳がん患者を対象にデノスマブ投与による術後アロマターゼ阻害薬による骨折の予防効果,骨量減少抑制効果を評価するプラセボ比較,二重盲検,ランダム化比較第III相試験(ABCSG-18試験)が2015年に報告され,2019年に副次的評価項目である無病生存期間に対する効果がLancet Oncology誌に掲載されました。2015年に報告された主要評価項目に対する効果と2019年に報告された無病生存期間に対する効果を紹介します。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません