TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  進行胆道がんの1次療法として,CapeOX療法はGEMOX療法に非劣性はあるか?

がん臨床研究情報

進行胆道がんの1次療法として,CapeOX療法はGEMOX療法に非劣性はあるか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (23)

 [更新日:2019年3月6日]

 日本では,進行胆道がんの標準的1次療法はゲムシタビンとシスプラチン併用のGC療法が推奨され,ゲムシタビンとオキサリプラチン併用のGEMOX療法も良好な成績が示されています。Annals of Oncology誌のオンライン版に進行胆道がんの1次療法として,カペシタビンとオキサリプラチン併用のCapeOX療法のGEMOX療法との非劣性を評価するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません