TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  ジカディアは日本のプラチナ抵抗性のALK陽性非小細胞肺がん患者に化学療法より有効!?

がん臨床研究情報

ジカディアは日本のプラチナ抵抗性のALK陽性非小細胞肺がん患者に化学療法より有効!?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (45)

 [更新日:2019年2月25日]

 ALK融合遺伝子陽性(ALK陽性)非小細胞肺がんに対してはクリゾチニブ(商品名ザーコリ)やアレクチニブ(商品名アレセンサ)は,プラチナ製剤を含む標準化学療法に比較して,有効であることが示されています。また,クリゾチニブとプラチナ製剤を含む2剤化学療法後に増悪したALK陽性非小細胞肺がん患者を対象に,セリチニブ(商品名ジカディア)と化学療法単剤投与の効果を比較したランダム化比較第III相試験(ASCEND-5試験)で,セリチニブも化学療法より効果的であることが示されています。このASCEND-5試験に参加した日本人のサブセット解析でも有効性が認められるかを検討した結果が, Japanese Journal of Clinical Oncology誌に掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません