TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  中国人の非小細胞肺がんの2次療法に対してもオプジーボはドセタキセルより優れた効果を示しました

がん臨床研究情報

中国人の非小細胞肺がんの2次療法に対してもオプジーボはドセタキセルより優れた効果を示しました

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (48)

 [更新日:2019年2月19日]

 免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブ(商品名オプジーボ)は扁平上皮非小細胞肺がん(CheckMate 017試験)や非扁平上皮非小細胞肺がん(CheckMate 057試験)に対する2次療法として,ドセタキセルより有効であることが報告され,その統合解析も報告されています。Journal of Thoracic Oncology誌のオンライン版に,中国,ロシア,シンガポールで行われた,非小細胞肺がんの2次療法としてニボルマブとドセタキセルの効果を比較したオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(CheckMate 078試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません