TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  5年間のホルモン療法後に,さらにホルモン療法5年間追加する必要があるか?

がん臨床研究情報

5年間のホルモン療法後に,さらにホルモン療法5年間追加する必要があるか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (44)

 [更新日:2019年1月23日]

 初期乳がんのアロマターゼ阻害薬などによる術後内分泌療法は5年以上が効果的と言われていますが,どの程度投与を継続すればいいのか必ずしも明確ではありません。Lancet Oncology誌に,5年間のアロマターゼ阻害薬またはタモキシフェンの術後投与を行った乳がん患者を対象に,レトロゾール(商品名フェマーラ)を5年間の追加投与の効果を評価するプラセボ比較,二重盲検,ランダム化比較第III相試験(NSABP B-42試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません