TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  術前化学療法を行った切除可能胃がん患者には術後化学放射線療法は効果は認められない

がん臨床研究情報

術前化学療法を行った切除可能胃がん患者には術後化学放射線療法は効果は認められない

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (25)

 [更新日:2019年1月21日]

 我が国では胃がんの術前化学療法は推奨されておらず,欧米や北米では周術期の化学療法や術後化学放射線療法に関しては,エビデンスが少ないためか,全く推奨されていません。Lancet Oncology誌に術前化学療法を行ったIB期からIVA期の切除可能胃がんまたは胃-食道接合部がん患者を対象として,術後化学療法を行った群と術後化学放射線療法を行った群の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(CRITICS試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません