TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  アバスチンは左右いずれの大腸がんにも効果的か?

がん臨床研究情報

アバスチンは左右いずれの大腸がんにも効果的か?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (82)

 [更新日:2018年12月17日]

 大腸がんに関しては,原発腫瘍部位により予後が異なり,抗EGFR抗体では原発部位が左側にある例に効果的であることが知られています。British Journal of Cancer誌に,イリノテカン,5-FU/ホリナートとベバシズマブとの併用効果を評価したAVF2107g試験,オキサリプラチン,5-FU/ホリナート併用のFOLFOX4療法とカペシタビンの非劣性とベバシズマブの効果を検討した2×2デザインによるNO16966試験に参加した大腸がん患者を用いて転移性大腸がん対するベバシズマブ(商品名アバスチン)と化学療法併用の効果と原発腫瘍部位の関連性について検討した研究結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません