TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  オプチーボの効果はステロイド投与で減弱する!?

がん臨床研究情報

オプチーボの効果はステロイド投与で減弱する!?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (45)

 [更新日:2018年11月18日]

 免疫チェックポイント阻害薬は免疫抑制状態解除により,免疫学的な作用が増強されることにより,免疫学的ば抗腫瘍効果を増強することが知られています。しかし,免疫チェックポイント阻害薬の有害事象出現時にはステロイドを使用することがガイドラインなどで推奨されており,折角解除した免疫抑制状態をステロイド投与により,免疫抑制状態に戻すのかという疑問もあります。Journal of Thoracic Oncology誌に,進行非小細胞肺がん患者を対象として,抗PD-1抗体であるニボルマブ(商品名オプチーボ)投与初期のコルチコステロイド投与の影響を検討したレトロスペクティブ解析結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません