TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  腹膜転移のある胃がん患者にパクリタキセル腹腔内投与は効果的な治療となるか?

がん臨床研究情報

腹膜転移のある胃がん患者にパクリタキセル腹腔内投与は効果的な治療となるか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (24)

 [更新日:2018年11月6日]

 がん性腹膜炎に対しては,シスプラチンやパクリタキセルの腹腔内投与が効果的との報告がありますが,エビデンスは十分とは言えないかもしれません。Journal of Clinical Oncology誌に腹膜転移のある胃がん患者を対象にパクリタキセルの腹腔内投与と静脈内投与にS-1(商品名ティーエスワン)を併用するIP群とシスプラチンとS-1を併用するSP群の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(PHOENIX-GC試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません