TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  高再発リスクの乳がんに対する術後dose-denseAC療法とTAC療法の効果比較

がん臨床研究情報

高再発リスクの乳がんに対する術後dose-denseAC療法とTAC療法の効果比較

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (39)

 [更新日:2018年9月21日]

 高再発リスクの乳がんに対しては,術後補助化学療法として,アンスラサイクリン製剤とシクロホスファミド併用のAC(またはEC療法)療法やタキサン製剤併用のTAC療法などが効果的であることが知られています。 また,用量強度を高めたAC療法なども乳がんの無病生存期間や全生存期間を改善する可能性が報告されています。European Journal of Cancer誌に高再発リスクの乳がんに対する術後dose-denseAC療法とTAC療法の効果を比較するオープンラベル,ランダム化比較第III相試験(MATADOR試験)の結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません