TOP  >  がん臨床研究情報  >  論文情報  >  オフェブは標準治療に難治性を示す転移性大腸がんに効果を示すか?

がん臨床研究情報

オフェブは標準治療に難治性を示す転移性大腸がんに効果を示すか?

カテゴリ : 
論文情報
閲覧 (37)

 [更新日:2018年9月7日]

 ニンテダニブ(商品名オフェブ)は、血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)および線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)、血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)を標的とする低分子チロシンキナーゼ阻害薬で,「特発性肺線維症」に対する治療薬として認可されています。また,卵巣がんや非小細胞肺がんに対する有効性も報告されています。Annals of Oncology誌に,標準治療で増悪した局所進行性または転移性大腸がんに対するニンテダニブの効果を評価するプラセボ比較,二重盲検,ランダム化比較第III相試験(LUME-Colon 1試験)結果が掲載されています。

...この先は閲覧許可があるユーザーしか読めません